広告メディエーションをおすすめする 3 つの理由
種類

広告メディエーションをおすすめする 3 つの理由

広告メディエーションとは

広告メディエーションとは、お客様が広告枠から継続的に収益を得られるようにすることで、アプリビジネスの成長をサポートする機能です。

アプリ収益化ソリューションのひとつであるメディエーションでは、たった 1 つのソフトウェア開発キット(SDK: Software Development Kit)を組み込むだけで、複数のモバイル広告ネットワークの設定、管理、最適化を容易に実現できます。複数の広告ソースを使うと広告枠での競争率が上がり、収益の拡大につながります。

メディエーションでは、ウォーターフォール型の設定を使って広告ソースの優先順位を決定するため、広告ユニットごとに過去の収益データに基づく広告ソースの優先順位リストがあります。あるソースで広告が返されなかった場合には、リスト上の次の順位の広告ソースを自動的に呼び出すことで、すべてのインプレッションで最も高い値の CPM を獲得できるようにしています。

AdMob のメディエーション プラットフォームを使うメリット

1)わずか数行のコードでメディエーションが有効に

AdMob ネットワークをご利用になると、第三者ネットワークを追加して広告掲載の需要を簡単に拡大し、増収を図ることができます。

まず、ご希望の第三者ネットワークに申し込み、その管理画面で広告プレースメントを作成します。次に AdMob の管理画面でメディエーションの設定を更新し、そのネットワークを追加します。最後に、アプリのコードベースを更新し、その第三者広告ネットワークの SDK と、そのネットワークと AdMob との通信を担うアダプタ ライブラリを含めます。

AdMob がサポートする広告ネットワークのほとんどはバージョン管理されたオープンソースのアダプタを用意しており、それらのコードは Google の GitHub リポジトリ(iOS 向け、Android 向け)で公開されています。そのため、アプリにコードを 2 行追加するだけでこうしたアダプタを組み込むことができます。

2)AdMob の広告ネットワーク最適化機能で収益を最大化

AdMob の広告ネットワーク最適化機能を有効にすると、お客様のウォーターフォールが自動的に更新され、確実に CPM 値の最も高い広告主の広告が広告ユニットに配信されるようになります。

広告ネットワーク最適化機能を有効にすると、お客様のメディエーション ウォーターフォールが動的に再編され、ご利用のネットワークの中で有効インプレッション単価(eCPM)が最も高いものから広告が配信されるようになるため、収益を最大化できます。AdMob では、お客様のアプリのトラフィック、履歴データ、第三者広告ネットワークからの情報に基づいて 1 日に複数回 eCPM 情報を更新し、メディエーション ウォーターフォールにおける広告ネットワークの順位を決めます。

AdMob ネットワークで広告ネットワーク最適化機能が有効で、リアルタイムの eCPM データが使えると、Google と他のデマンドソースを対等に競わせることができます。推定 eCPM が AdMob よりも高い第三者ネットワークがある場合、AdMob は自分のネットワークではなく、その第三者ネットワークの広告を配信します。ウォーターフォール内の優先順位が AdMob によって自動的に更新されるため、お客様のアプリには常に最も高額な広告が配信されます。ご利用の広告ネットワークを対象に広告ネットワーク最適化機能を設定する際は、こちらの手順をご確認ください。広告ネットワーク最適化機能は現在 25 の広告ネットワークでご利用いただけます。また、国によって最適化機能の対象となる広告ネットワークが他に 16 あります。

3)メディエーション グループでウォーターフォールをまとめて設定

AdMob メディエーションは 30 を超える第三者広告ネットワークに対応しているため、お客様のアプリに最も高い収益をもたらすネットワークを利用できます。従来のメディエーション プラットフォームでは、ネットワーク パートナーを設定した後、広告ユニットごとに別々のウォーターフォールを作る必要がありました。この方法は広告ユニットの数がそれほど多くない場合には有効ですが、広告ユニットの数が増えるにつれて手間も増えかねません。

AdMob のメディエーション グループを使うと、設定をシンプルにして柔軟性を持たせることができます。具体的には、アプリやテーマ、広告タイプに基づいて広告ユニットをグループ別に分類し、それぞれのグループごとにウォーターフォールの順位を動的に変更できるようになります。各広告グループに数十、数百、あるいは数千もの広告ユニットを追加して、メディエーション設定の要素を簡単に増やすことができます。

広告ユニットを作成するたびに、新しいウォーターフォールを作る必要がなくなります。新しい広告ユニットを既存のメディエーション グループに追加するだけで済むため、広告運用にかかる時間と費用を節約できます。

メディエーション グループを作成するには、広告ユニットのグループと一連のルール(地域ターゲティングや広告ネットワークなど)を指定して、そのグループに対して収益化の優先順位をまとめて設定します。詳しくは、こちらの AdMob ヘルプセンター記事をご覧ください。

AdMob メディエーションの導入をご希望で、アプリのダウンロード数が 10 万回を超える方は、AdMob のモバイル スペシャリストによる電話相談を無料でご利用いただけます。無料電話相談をリクエスト