成功事例

Gametion Tech、AdMob Open Bidding の導入で Ludo King の総収益が 15% アップ

Gametion Tech、AdMob Open Bidding の導入で Ludo King の総収益が 15% アップ

Gametion Technologies はムンバイを拠点に、CEO の Vikash Jaiswal 氏によって創立された数十年の歴史を持つゲームメーカーです。創立当初は HTML ゲームと Flash ゲームのみを扱っていましたが、ユーザーからの高まる要望に応える形でモバイルゲームに舵を切りました。プラットフォームは変わっても、「すべての人が楽しめるゲームを作る」という企業理念は変わりませんでした。最大のヒットとなったアプリ、Ludo King(同社によるとインドで最も有名なルドーゲーム)は、全世界でのダウンロード数が 1 億回を超え、Google Play ストアのルド―ゲームの売上ランキングでは 1 位を獲得しています。

収益を得るために、Gametion では第三者のメディエーション ツールを使用してすべての広告収益化ネットワークの管理を行っていましたが、インプレッション単価(CPM)の最適化に時間がかかりすぎる、障害が頻発する、収益が上がらない、など多くの問題に直面していました。解決策を求めて、Gametion は AdMob の Open Bidding を使用してみました。Open Bidding を使用したところ、Gametion の総収益は 15%、1 日のアクティブ ユーザーあたりの平均収益額(ARPDAU)は 30%、CPM は 35% 成長しました。

運用コストが高いわりに収益性が低い

Gametion は何年にもわたって、広告ネットワークのさまざまな管理ソリューションを試していました。「以前使用していたツールでは、CPM の最適化に多くの手作業が必要でした。また、広告スペースが埋まってから 3~24 時間後まで実際の CPM の値が分からないということもよくありました」(Vikash 氏)そのような中、もっと効率的で透明性の高いプロセスがあるはずだ、と感じていました。また、以前のソリューションではシステム クラッシュにも何度か直面し、安定面でも問題がありました。

そこで、Gametion では Google アカウント マネージャーからの勧めに応じて、AdMob の新ツール、Open Bidding のベータ版* を試すことにしました。「Open Bidding を使ってみたのは、収益性の向上、効率的な運用、複数の SDK を導入せずに多くのデマンド パートナー間でリアルタイム入札できること、という私たちが抱えていた主な課題をクリアしてくれたからです」(Ludo King 担当リード ゲーム デベロッパー、Clarence Pereira 氏)

Google AdMob に寄せられる信頼

Gametion では、システムを切り替える前に別のリアルタイム ソリューションも試したところ、頻繁に障害が発生したと Clarence 氏は振り返っています。「クラッシュなどの問題が何度も発生し、アプリのランキングも下がっていきました。100% 信頼できないソリューションは使用したくないと思いました」(Clarence 氏)また Gametion では、信頼性の追求もさることながら、時間をかけて新しいソリューションを試すよりも、一回で決めたいと考えていました。「私たちは、どのネットワークよりも Google を信頼しています。Google システム上で作動する Open Bidding なら安心して導入できると思いました。不安は一切ありませんでした」(Clarence 氏)

Open Bidding を試用する上での最初のステップは、Google Mobile Ads(GMA)SDK や、必要な各種アダプタを Ludo King に実装することでした。そして、すでに利用しているユーザーのみに限定して、Google Play ストアで Open Bidding が実装された新しいビルドをリリースしました。次に、AdMob のダッシュボードで望ましい最低入札額を設定し、広告リクエストの受け付けを始めました。Gametion では、ある割合のユーザーを対象に 3 か月間 Open Bidding を試用し、収益の全体的な成長率と ARPDAU を測定しました。「もちろん、CPM のトラッキングも行いました。AdMob のダッシュボードには過去のすべてのデータが表示されるため、簡単にトラッキングできました」(Clarence 氏)

Google 担当者のサポートを受けながら、オンボーディング プロセスはスムーズに進行し、難なくリリースに至りました。「オンボーディングでは、Google の担当者には大変お世話になりました。また、問題があればすぐに技術チームが解決してくれました。おかげで、非常にスムーズに移行できました」(Clarence 氏)Ludo King に Open Bidding を実装するのにかかった時間はわずか 1 日でした。

組み込む SDK を減らしても拡大する収益

Gametion では、選択した指標を 3 か月間トラッキングしたところ、Open Bidding を使用した結果、総収益については 15%、ARPDAU については最大 30% の成長を確認しました。また、AdMob のダッシュボードに示されたデータから、CPM についても 35% 向上していることが確認できました。

AdMob の CPM は他の広告ネットワークを格段に凌ぐものでした。あらゆる広告ネットワークを公平に比較した中で、 AdMob は高い広告掲載率を実現するための最も効率的なソリューションであるばかりか、CPM も群を抜いていました。

Clarence Pereira, リード ゲーム デベロッパー, Gametion Tech

それだけではありません。Open Bidding の導入後の稼働率は 99.94% を記録しました。

何よりも大きかったことは、SDK の数を減らしても収益が拡大したということです。「個々のインプレッションの価値が高まっていくのを見るのは大きな喜びでした。しかも、そのために手間をかける必要もありませんでした。おかげで作業が大幅に軽減されました」(Vikash 氏)Open Bidding を導入したことで、Gametion が当初抱えていた課題はすべて克服され、同社の Open Bidding への期待はますます高まるばかりです。今後もすべてのゲームに導入される予定です。

*Open Bidding は Google AdMob が提供するアプリ内埋め込み型ヘッダー入札ソリューションで、一部のパートナーを対象としてベータ版が公開されています。従来のウォーターフォール メディエーションと組み合わせて使用することで、広告収益を最大化できます。詳細をお知りになりたい場合は、アカウント マネージャーにご連絡のうえ、電話相談をお申込みください